災害訓練

BCP(事業継続計画)への取り組み

戸田中央医科グループでは万が一の大地震に備え、その対策として各施設での災害対策マニュアルの策定やBCPの策定を徹底しております。またそれらは自施設の事業継続のみならずエリア間、さらにはグループとしての事業継続計画として連携強化が図れるよう順次計画書の策定を進めております。大規模災害発生時には、全職員が一丸となってこの計画書に基づいて対応し、地域医療の「要」として貢献することを目指しております。

災害訓練の実施

戸田中央医科グループでは東日本大震災以降、防災対策の強化として大規模な地震の発生に備えた災害訓練の実施を推進しております。グループのそれぞれの病院、施設が各地域で担うべき役割を果たすべく、訓練によって技術を習得し、万が一の大規模地震発生による被害を最小限にとどめるために様々な訓練を企画・実施しております。またグループ各エリア間の連携強化を図り、相互支援体制の基盤を構築すべく整備を順次進めております。