広報活動

広報誌

職員向けニュースレター「くたかけ」

くたかけ

昭和54年(1979)4月、職員向けニュースレター『くたかけ』が創刊されました。「くたかけ」とは鶏の古名で、暁に時を告げる一番鶏が、希望、力、勤勉、和、愛などを教えてくれることをイメージして名付けられたものです。

創刊号はCMSの戸田支部版との位置づけで、B4サイズ1枚の簡素なものでした。当初、毎月発行されていましたが、昭和55年(1980)10月号からは『TMGの広場』に改名され、モノクロ10ページ程度のものが隔月発行される形となりました。昭和57年(1982)3月号から誌名が『くたかけ』に戻り、昭和63年(1988)1月号からは表紙がカラーになっています。

平成14年(2002)11月号で創刊100号となり、現在では、A4サイズのオールカラーで40数ページのものを年4回発行しています。TMGの経営方針、行事、各施設の動向、職員に関連するニュースなどを伝える媒体として、職員の間に定着しています。

看護・介護職員向け広報誌「えんのき」

えんのき

平成22年4月、看護・介護職員向けの広報誌として『えんのき』を創刊いたしました。
『えんのき』とは、色々な縁を結ぶ橋渡しになれば・・・との思いから、えにし、ゆかり、きずな、つながりとしての「縁」「円」などをイメージして名づけられたものです。この『えんのき』により、一つひとつの小さなつながりが枝葉となり、大きな木になっていくことを願いながら発行しております。

この広報誌は、TMG看護局に広報委員会を設け、年2回発行しております。広報誌の内容は、TMG看護局職員の「特集」「トピックス」「元気の源」「TMG看護局発信」という構成で、看護局の動向、各施設の状況及び職員の紹介をしております。
平成30年現在で、VOL.16となりました。今後も更なる内容の充実を図り、看護・介護職員の情報の共有できる広報誌としていきます。

TMGタイムズ

TMGタイムズ

2017年4月にTMG全職員向け広報誌として創刊し、偶数月25日に年6回発行しています。同じく職員向けグループ広報誌として歴史のある「くたかけ」「えんのき」に比べページ数は少ないものの短期間での発行頻度から、新しい福利厚生や行事のお知らせなどフレッシュな情報を発信しています。

TMG総活躍プロジェクト、TMGヒストリー、TMGSports(女子ソフトボール部、ローイングクラブ、YOKOHAMA TKM)、TMG福利厚生をレギュラーコーナーとして、参加したくなるようなイベント情報や法改正・規定変更などをを中心に多種多様な内容で紙面を構成しています。職員の皆さんに有益な情報がお伝えできるように工夫しています。