医療福祉部門

部門紹介

医療ソーシャルワーカーとしての働き方

急性期病院

退院支援業務を中心に担っていますが、最近は入院と同時に退院に向けた支援が開始されるようになり、変化する病状や治療に合わせながらスピード感のある支援が求められています。また、安心して治療を受けられるように入院態勢を整えることも重要な任務であり、各種助成制度の活用による経済問題の解決や家族間の調整なども行います。

回復期リハビリテーション病院

全入院患者様の入院~退院までの全過程に関わります。入院相談は非常に重要な業務で、機関の特徴に合わせた患者様を受け入れ、定められた期間内に退院ができるようにチームの力を活かして支援することが求められます。入院の初めから退院まで、密度の濃い多職種協働のチーム医療が実践されていくことが特徴です。
療養型病院では、回復期リハビリテーション病院同様、まず入院相談業務を中心に担い、機関の特徴に合わせた患者様を適切に受け入れることが重要な任務です。療養が長期に及ぶ場合には患者様の心理社会的な支援にじっくりと取り組むこととなり、患者様やご家族を含めた関係調整の業務を専門的なSW技能を発揮して取り組んでいます。

介護老人保健施設や特別養護老人ホーム(ケアハウスも含む)

入所・短期入所(ショートステイ)・通所(デイケア・デイサービス)の全ての相談にソーシャルワーカー(支援相談員・生活相談員)が関わります。各サービス全体の利用状況や稼働状況を把握しながら個別の相談に応じる総合力が必要とされます。地域のニーズを施設の運営に活かせるよう、地域に開かれた部署となることが求められます。

以上のように、機関の機能により業務やその特徴がやや異なりますが、患者(利用者)さま・ご家族のそれまでの歩みを大切にする基本姿勢を持ち、どの機能であっても患者様・ご家族とスタッフや地域をつないでいるのがソーシャルワーカーであり、どの業務においても各職種との連携が非常に重要となっています。

医療福祉部部長ご挨拶

私たちTMGで働くソーシャルワーカーは、「共にある」という姿勢を大切に目の前の患者さまやご家族さま、スタッフや仲間との関係を大事にしています。
「鉄は鉄によってとがれ、人はその友によってとがれる。」
という言葉がありますが、専門職としてのキャリアのスタートはみんな不完全なものです。しかし、実践現場の中で様々な経験を通して研がれ、グループの多くの仲間に支えられて成長します。皆さんも、私たちと一緒にソーシャルワーカーとして共に成長し、社会福祉の専門職として地域と社会に貢献していきませんか。

戸田中央メディカルケアグループ 医療福祉部部長 秋山 愛

医療福祉部シニアスーパーバイザーご挨拶

TMG医療福祉部に30余年勤務したのち、2020年から専従のシニアスーパーバイザーとして医療福祉部の皆さんにスーパービジョンの機会を提供しています。
「共にある」姿勢は、決して一朝一夕に作られるものではありません。成功も失敗も丁寧に振り返り、その実践が皆さんのソーシャルワーカーとしての財産となるようにスーパービジョンを通して個別に支援します。どうか安心して仲間に加わって下さい。お待ちしています。

戸田中央メディカルケアグループ 医療福祉部シニアスーパーバイザー 野口 百香

医療福祉部理念

「共にある」

患者(利用者)様やご家族と…

私たちソーシャルワーカーは、患者(利用者)様やご家族に常に寄り添い、意思を尊重しながら問題解決に向けて支援・調整していきます。

院内(施設内)や地域と…

私たちソーシャルワーカーは、所属機関の特性に合わせたチームでの支援ができるように、院内(施設内)・地域・グループ内の連携を大切にしています。

仲間と…

私たちソーシャルワーカーは、専門職としてのより良い支援ができるよう常にスキルアップを目指し、仲間と共に研鑽を重ね、人としての成長も目指していきます。

医療福祉部門に関するトピックス

一日のスケジュール医療福祉科の1日(例)
★自己研鑽として、日本医療ソーシャルワーカー協会「医療ソーシャルワーカー基幹研修I」や、回復期リハビリテーショ...
先輩職員の声医療福祉部門 先輩職員の声
【医療ソーシャルワーカー】職員インタビュー https://youtu.be/L7Rv0EQ3Usk 入職年 2020年 年齢 24歳(2022年1月現在) 出身校 人間学部人間福祉学科 配属先 戸田中央総合病院 仕事内...