フォーミュラリーFORMULARY

フォーミュラリー
についてABOUT FORMULARY

私たちはフォーミュラリーを有効性と安全性と医療経済性を考慮した、
「医薬品選択に関する情報を含む採用医薬品集」と位置づけています。

私たちはフォーミュラリーを用いて医師へ情報提供することにより、患者様の
生活の質向上を目的とした医師の臨床判断の一助となれるよう心掛けております。

フォーミュラリーについて

フォーミュラリーについて

フォーミュラリー
ワーキンググループの活動WORKING GROUP ACTIVITIES

フォーミュラリーワーキンググループ(以下、WG)では、標準薬物治療を推進するために、
戸田中央医科グループの医療機関での活用が出来るフォーミュラリーの作成をはじめ、薬剤師の育成や資質向上に取り組んでいます。

WGメンバーは各種専門領域の薬剤師を主メンバーとし、メールや月に1度の集まりにてフォーミュラリーを作成・更新しています。
各医療機関への導入は各薬剤師(主メンバー副メンバー等)が薬事委員会等を通じてフォーミュラリーを導入・運用しています。

  • 戸田中央医科グループ

フォーミュラリーを導入・運用

医学雑誌

※横にスクロールできます

演題名

筆頭執筆者名

施設名

南山堂 薬局 2020年8月 Vol.71 No.9 フォーミュラリー道場

フォーミュラリーとは?

安藤 正純 戸塚共立第2病院

学会発表

※横にスクロールできます

演題名

学会名

筆頭発表者名

施設名

戸田中央医科グループでのフォーミュラリー検討WG立ち上げについて 第29回 日本医療薬学会年会(2019.11) 安藤 正純 戸塚共立第2病院

戸田中央医科グループ薬剤部のフォーミュラリーの特徴は、臨床論文を基に客観的な医薬品評価を行う事で、それぞれの医療機関・地域の特性に応じて微調整が可能な推奨リストとなっています。

WGで作成した資料を基に、各医療機関の薬剤師が自施設に合った
フォーミュラリーを定め、可能な範囲で少しずつ導入しています。

発表

フォーミュラリーの
公開目的についてPURPOSE OF PUBLICATION

有効性と安全性と医療経済性を考慮したフォーミュラリーの運用を図り、
全ての薬剤師が医薬品や薬物治療に関連する評価技能を研鑽し、
国民の健康と社会福祉向上及び増進に貢献する事を目的としています。
要約シートやエビデンス集を確認・理解し、各医療機関・地域の医師等と相談の上、ご活用していただけますと幸いです。

フォーミュラリーの公開目的について

学会発表

※横にスクロールできます

演題名

学会名

筆頭発表者名

施設名

療養病床を持つ2つの病院同士の地域
フォーミュラリ導入において調整した点
第28回 日本医療薬学会年会(2018.11) 佐藤 光 東所沢病院

フォーミュラリーの閲覧についての注意事項

  • 医療関係者を対象に、フォーミュラリーに関連する医療用医薬品を適正使用いただくために情報を公開しています。また、公開している
    フォーミュラリーは、各医療機関や地域の患者様への適切な薬剤選択するための参考資料です。
  • 各医療機関・地域での導入の際は、病院・地域の医師を含めた薬事委員会等にて検討し、了承を得た上で使用の開始をしてください。
  • フォーミュラリーは、医師に処方薬剤を強制する(処方権を侵害する)資料ではないことを十分に念頭に置いた上でご活用ください。
  • 掲載したフォーミュラリーに関する情報を利用した際に生じる全ての損害は、一切の責任を負いかねます事をご了承ください。
  • 一般の方に対する情報公開を目的とした内容ではありませんのでご了承ください。
  • ご不明な点などのお問い合わせに関しては、こちらをクリックして下さい。
  • フォーミュラリーの改良を行うため、掲載ページに進む際は、職種のお答えにご協力ください。