• ホーム
  • 新病院で理想の看護を追求!

新病院で理想の看護を追求!

「熱海 海の見える病院」なら叶います!


理由01

ゼロからつくる新病院。

「熱海 海の見える病院」は、2016年4月に開院する新病院です。看護の仕組みや職場環境など、既にある仕組みを変えていくのではなく、まだなにもない中での病院づくりなので、一緒に働くメンバーと共に意見を出し合いながら理想の看護を追求することができます。だからこそ、看護師として働いている中で感じる「もっとこうだったら良いのに」といった意見を新しい看護づくりに活かすことができます。また、勤務形態もオープニングスタッフの皆さん一人ひとりの家庭環境を考慮した上で、働きやすい仕組みをつくっていきます。


理由02

療養に特化した看護師中心の病院づくり。

急性期では医療のサポートとして看護があるケースが多いですが、療養は医療が一段落した患者さんが中心になるため、看護が主軸となる病院づくりをしていくことができます。様々な専門職が携わるチーム医療の中で、24時間患者さんの側にいる看護師が、それぞれの専門性を上手に引き出すチームの要として機能することができればと考えているので、看護師の意見が病院づくりにも大きく活かされていきます。


理由03

病院立ち上げという数少ないチャンス。

施設の立ち上げに携わることのできる職場は求人数が少なく、看護師のキャリアという視点から見ても、貴重な経験になります。通常の看護の中では経験したことのないような部分にも関わるケースも増える他、看護部内、病院内だけでなく病院以外の人との関わりも大切になります。だからこそ、その経験が看護師人生の大きなプラスになり、今まで感じたことのないやりがいと達成感を実感することができるはずです。

スタッフの声

飯塚 祐司(いいづか ゆうじ)

入職して15年。現在は、整形外科・内科病棟の所属長として、常に患者さんの不利益にならないように「スタッフをどう動かしていくか」「スタッフにどう声をかけていくか」「スタッフワークをどう築いていくか」を考えるマネジメント業務を中心に行っています。今回は「熱海 海の見える病院」と同じ戸田中央医科グループの「熱海所記念病院」で、回復期リハビリテーション病棟の立ち上げに携わった時のエピソードを語ってもらいました。

手探りの中ではじまった、回復期リハビリテーション病棟の立ち上げ。

「熱海 海の見える病院」と同じ戸田中央医科グループの「熱海所記念病院」で、回復期リハビリテーション病棟の新規の立ち上げという、看護師の仕事の中でも、貴重な経験をさせてもらいました。新規の立ち上げということもあり、病院内に「回復期リハビリテーションとは何か」を知っている人間がいない中でのスタートだったんです。とにかく、まずは自分が回復期リハビリテーションを知る必要があるので、副主任と共に他院に見学に行ったり勉強会に参加したり、他院の回復期リハビリテーション病棟で一日だけ働かせてもらったりもしました。そんな中で少しずつ回復期リハビリテーションを理解していったのです。回復期リハビリテーションは、患者さんをいい状態で家に帰すことが前提なので、その中で「看護師に何ができるか」「どのように社会サービスを活かせば、患者さんが安心して帰れるか」を考えました。どうしても看護師は社会サービスなどの知識が浅い部分がありますので、勉強会などを開きながら仕組みをつくっていきました。一方で働く環境づくりに関しては、スタッフと話し合いを重ねてより良いものを目指しました。具体的には、家庭をもっている看護師の方も多かったので、なるべく残業がないようなシステムをつくったのです。

回復期リハビリテーションのモデルケースになれたことを実感。

回復期リハビリテーション病棟のオープン時の状況は、立ち上げのときに想像していたものとは全く異なっていました。当時はまだ回復期リハビリテーションへの理解が浅く、急性期の受け皿のような感覚もあったのです。ただ、回復期リハビリテーションをやりにきているスタッフからは「おかしいのではないか」と声があがりました。「急性期の考え方」「病院の方針」「回復期で働くスタッフの声」の板挟みにあってしまったことが苦労した点ですね。今は、その意識のズレもなくなり、結果的に患者さんの喜ぶ声も聞こえるようになっています。また、近辺の病院ではじめて回復期リハビリテーション病棟を立ち上げたのですが、最近では回復期リハビリテーションを始める病院が出てきました。その中で、他院のスタッフが見学に来ることもあり、地域でモデルケースになることができたんだと、実感します。

立ち上げに携わることは看護人生の中でも、数少ないチャンス。

「熱海 海の見える病院」の立ち上げは、ゼロからのスタートです。看護師人生の中でも、病院自体の立ち上げに関わることができる機会はそうありません。だからこそ、非常にやりがいのあることだと思います。きっと、経験したことのない部分にも関わらなければいけないし、院内だけでなく病院以外の人との関わりも大切になってきます。その経験は、看護師としてのあなたの人生にとって、大きなプラスになることでしょう。立ち上げは大変なこともありますが、それを乗り越えた喜びはとても大きいです。

  • 新病院で理想の看護を追求!
  • ママをしながら、看護師としても成長!
  • 安心できる環境で一人での子育てと仕事を両立!