看護部紹介

看護師が軸になる病院で、理想の看護を、一緒につくりませんか。

2016年4月に開院する病院ということで、病院の仕組みや看護のあり方についてはこれから組み立てていくところではあるのですが、「療養」という部分がはっきりとしています。急性期ではどうしても医療中心で、そのサポートとしての看護が中心になってしまいますが、療養は医療が一段落しているので看護が主軸になれるはずです。様々な職種が関わるチーム医療の中で、24時間患者さんの側にいる看護師が、それぞれの専門性を上手に引き出すチームの要、コーディネーターとして機能することができればと考えています。

あとは、これからオープニングスタッフとして入ってきてくれる皆さんには、「こういう看護をしたい」という想いを持ってきてもらいたいです。スタッフと一緒に新しい看護をつくっていきたいので、みなさまが持つ看護に対する「夢」を共有し、意見をすりあわせていこうと思っています。また、教育に関しては近接の「熱海所記念病院」と連携しながら、療養では経験できないスキルの習得にも対応する仕組みをつくっていきます。

「熱海 海の見える病院」では、何よりも患者さんがその人らしく過ごしてもらうことを大切にしていますが、スタッフもその人らしく、を大切にしてもらいたいと思っています。スキルがあるか、ないかよりも看護することが好きな人、仕事に誇りを持っている人とは特に一緒に働きたいと思っています。