診療放射線技師 先輩職員の声

入職年

2020年

年齢

24歳(2022年1月現在)

出身校

保健医療技術学部

配属先

戸田中央総合病院

仕事内容

一般撮影
CT
MRI
マンモグラフィー

1. 学生時代に打ち込んだことを教えてください。

学生時代は飲食店のアルバイトをしていたので、放課後はアルバイトに行くことが多かったです。
小学校の時からバドミントンをクラブチームで習っていたので、放課後に体育館を借りて友達とバドミントンをしたり、
体を動かすような運動をしたり、旅行に行ったりしながら学生時代を楽しみました。

2. 診療放射線技師を目指した理由を教えてください。

医療現場において、レントゲンやCT・MRIなどの検査を受ける患者さんは多くいらっしゃるかと思いますが、
そういった検査に多く携わるのが診療放射線技師という職業で、技師が得た画像を基に医師たちが診断をするもので、
すごく重要な存在であると思い、魅力を感じ診療放射線技師を目指しました。

3. 就職活動時に重視していたことを教えてください。

入職してからできるだけ色々なモダリティに携わりたいと思っていたので、あまりモダリティを絞らずに
色々な経験ができる施設を重視して就活の際には選んでいました。

4. TMGを選んだ理由を教えてください。

グループとしても規模が大きくて、私は地元が埼玉県ではないのですが、TMGは職員寮などの設備も充実していたので選びました。
実際に今職員寮を借りて一人暮らしをしていますが、病院にも近く、とても利用しやすいので、
一人暮らしを考えている方はすごくお勧めかなと思います。

5. 入職前後でギャップはありましたか。

私は特にギャップは感じませんでしたが、自分が思っていた以上に病院の周囲にもTMGのグループ施設があって、
業務中に院内とは別の施設に出向いて業務をする先輩方も多くて、本当に色々な環境で自分たちの仕事の知識を
深められる環境がそろっているんだなと改めて思いました。

6. 仕事のやりがいを教えてください。

患者さんに検査のあとに感謝されるとやりがいを感じます。働くまではわからなかったのですが、
CTやMRIの検査をしていると、狭い所が苦手だったり、レントゲンでは骨折等をしている
患者さんも多いので、患部に触れなければいけない場合も多く、検査をしたくないと仰る患者さんもおりますが、
そういった患者さんが無事検査を終えることができると、よかったなと思います。
そのために患者さんに寄り添い、一緒に検査をがんばりましょう!と伝えることもすごく大切だと思います。

7. 仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

医療現場なので自分の思い込みで検査をしてしまわないように、医療ミスが起こらないように気をつける、
ということを一番大切にしています。
CTを撮るにあたっても左右の間違いや、部位の間違い等が起こらないように検査前にきちんと自分の目で確かめてから
患者さんにもどういった症状であるかということを確かめてから撮影をするようにしています。
また、患者さんとのコミュニケーションをきちんと取るよう心掛けて仕事をしています。

8. 職場の魅力を教えてください。

放射線科としても様々なモダリティがそろっており、核医学検査や放射線治療など充実しているので、
色々なモダリティをやってみたいという方にはすごく魅力的な施設と思います。

9. 職場の雰囲気を教えてください。

仕事中もみなさんとても明るくて、すごく良い雰囲気で仕事ができていると思っています。もし、困ったことがあったとき、
悩んでいるようなことがあったときでも、聞いてくれる先輩が本当に多くて、私も何度か仕事に行き詰ってしまったことがあったのですが、
同期や先輩方にたくさん話を聞いてもらったり、すごい励ましてもらえたので、また仕事をがんばろうと思える、
良い職場だと思っています。

10. お休みの日はどのように過ごしていますか。

本当は外に出かけることが好きなのですが、このご時世ということもあり、あまり外には出かけられないので、
最近は自分の身体を大事にすることと、ちゃんとしっかり寝て、ちょっと遅い時間に起きてしまったりもしますが、
ネットでドラマや映画を観ながら、ゆっくり休日を過ごしています。

11. これからの目標を教えてください。

一般撮影やCT検査などに約2年ほど携わっていますが、まだまだ至らない部分もたくさんあるので、
技師として、それ以外のモダリティも含め、今以上に知識や撮影技術を身に付け、
立派な放射線技師になりたいと思っております。
女性技師として、マンモグラフィーの認定は必ず取りたいと思っているので、
マンモグラフィーの撮影技術を向上させ、知識もきちんと身に付けて、マンモグラフィーの認定(資格)を持った
立派な女性技師になりたいなと思っています。

12. 就活生へエールをお願い致します。

実際の臨床現場は行ってみないと分からないことが多いと思うので、病院見学にしっかり行って、
自分がやりたいモダリティがあるのなら、そのモダリティが揃っているのか、あとは、
(やりたい)モダリティが決まっていなくても、色々なモダリティを経験できる病院なのかをきちんと見極めて、
自分が働きたいところにしっかり就職できるように、きちんと病院の下調べなどをして、やりたいモダリティに将来就いて、
立派な放射線技師になれるように応援してます!