TMG看護局紹介

看護局ホーム >TMG看護局紹介 > 看護局長ご挨拶

看護局長よりご挨拶

看護局長 本田民子

戸田中央医科グループ(以下、TMG)看護局のホームページをご覧いただきありがとうございます。
TMGは、昭和37年に戸田中央総合病院が開院し、関東1都4県に28の病院、6の介護老人保健施設、1つの特別養護老人ホームを持ち、病床数5,942床、職員数14,000人となり、今年55周年を迎えることができました。
看護局の職員は、現在7,000人を数えます。これまでは、看護・介護の質の向上として、人材の確保と定着・育成に力を注いでまいりました。
ほとんどの施設が最高の入院基本料(7:1)を取得した状況にあります。今後、超高齢化を見据え、病院機能の分化が進み、在宅医療も推進されていきます。
看護・介護それぞれの職種が専門性を高め、多職種協働のチーム・組織力を発揮していくことが、患者・利用者さまの満足に繋がって行くものと考えます。
時代が変わろうとも患者・利用者様を思う気持ちは一緒です。さらに、グループの理念である「愛し、愛されるTMG」をめざし、尚一層努力してまいります。

これから就職される皆さんは、「こんな看護、介護がしたい」という理想を抱き、夢と希望を持って新しい職場での仕事に就くことと思います。しかし、いざ実際の現場に出ると、理想と現実の間に悩み、自分自身の力不足を嘆き、つらい思いをすることも一度や二度ではないかもしれません。しかし、患者・利用者さまの笑顔や先輩の言葉に励まされ、その苦難を乗り越える度、皆さんは必ずや一歩ずつ成長していきます。私たちTMGでは、皆さんの成長を全面的にサポートする環境や体制を整えています。グループの特徴を理解し、「あなたにピッタリ」をぜひ探してください。

ページの先頭へ戻る