HOME »  平成28年度 八王子山王病院 病院指標

平成28年度 八王子山王病院 病院指標

各項目に関する集計条件および集計方法は、厚生労働省の指示のもと行われております。
DPCデータを使用し、下記の項目を算出いたしました。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計対象

  • 平成28年4月~平成29年3月退院患者様であり、一般病棟に1回以上入院した患者様
  • 入院した後24時間以内に死亡した患者様又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外
    (自賠責、労災、自費等の患者様を除く)
  • 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第73号)』に規定)は集計対象外
  • 医科レセプトのみもしくは歯科レセプトありの患者様
  • ※患者数10未満の場合は―(ハイフン)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 30 29 40 68 227 455 400 137
平成28年度の全退院患者数は1,395人でした。そのうち60歳以上の患者様は全体の約84%を占めております。
高齢化が進む八王子市において、当院は急性期・慢性期の幅広い患者様の受け入れを目指し日々地域医療に取り組んでいます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 59 43.71 21.25 10.17 82.85  
040081xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 39 60.54 19.92 0.00 77.10  
130010xx97x0xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 なし 38 6.34 16.38 0.00 74.76  
130080xx97x00x 再生不良性貧血 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 5.19 12.11 0.00 75.81  
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 9.83 15.76 0.00 81.50  
指標1で示しました通り高齢者の入院が多い当院では、肺炎(①誤嚥性肺炎 ②間質性肺炎 等)で入院される患者様が多いです。
また、副院長の専門である血液疾患(③~⑤)での患者様が多いのも当院の特徴の1つです。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし 32 1.59 4.84 0.00 67.75  
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 30 3.77 4.48 0.00 77.57  
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 6.47 7.20 5.88 79.00  
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし 16 8.06 4.98 0.00 67.13  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 13.45 9.08 18.18 69.45  
大学病院との病院連携が図れており、急性期治療を終えられた患者様の受け入れを行っております。
①~④は、悪性腫瘍(結腸癌)についての化学療法等の症例です。
⑤は腸閉塞(イレウス)の症例です。
乳腺甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x9xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 9あり 11 1.00 7.25 0.00 68.64  
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり - - 4.56 - -  
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし - - 10.30 - -  
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし - - 6.59 - -  
090010xx97x40x 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし - - 8.17 - -  
悪性腫瘍(乳癌)について、診断や治療(手術/化学療法)を行っておりました。
平成29年10月現在は、昨年の年度途中で常勤医が不在となったため入院加療は行っておりません。
外来診療については継続しており、手術適応と判断された症例については適宜、大学病院や専門病院に紹介を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx97x00x 脳腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 18.66 - -  
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 - - 20.18 - -  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.54 - -  
               
               
平成27年度は外来診療のみ行っておりましたが、平成28年度の年度途中で常勤医入職にて入院診療も開始し、診断・治療(手術等)を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 17 1 7
大腸癌 - - - - 43 93 1 7
乳癌 - - - - - 16 1 7
肺癌 - - - - - 11 1 7
肝癌 - - - - - - - -

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院では、悪性腫瘍(癌)の診断・治療(手術/化学療法)を目的とした患者様の入院も受け入れております。
当院にて、対応困難な症例については、大学病院や希望される専門施設へ適宜紹介を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 10.50 44.63
中等症 36 60.00 77.00
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
呼吸器疾患は院長の専門分野です。
肺炎は重症化の危険性が高く、抗生剤を使用した治療を行います。また、体力・筋力低下を防ぐため理学療法導入を行っています。食欲低下より嚥下障害を生ずる事も多く、栄養サポートチーム(NST)による回診も適宜行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
平成28年度の年度途中より、入院中の患者様の脳疾患について脳神経外科常勤医にて診断・治療を行っております。
当院にて、対応困難な症例については、大学病院や専門施設へ適宜紹介を行っています。
 
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 46 4.11 3.65 0.00 75.85  
K6182 中心静脈栄養植込型カテーテル設置(頭頚部その他) - - - - -  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm以上) - - - - -  
K664 胃瘻造説術(経皮的内視鏡下胃瘻造説術、腹腔鏡下胃瘻造説術を含む) - - - - -  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) - - - - -  
①③ポリープに金属の輪を掛けて締め、高周波の電流を流して焼き切る手術です。
②長期的・継続的に点滴を行う方、高カロリー栄養剤を使用される方を対象に行います。
④口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方に、直接胃に栄養を入れる為の入り口を作る手術です。
⑤十二指腸乳頭の開口部は、胆管に比べ非常に狭いため、口から十二指腸まで内視鏡(胃カメラ)を入れ、電気メスにより大十二指腸乳頭の乳頭括約筋(乳頭を緩めたり、閉めたりする筋肉)を切開します。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 17 1.00 4.06 5.88 70.53  
K664 胃瘻造説術(経皮的内視鏡下胃瘻造説術、腹腔鏡下胃瘻造説術を含む) - - - - -  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -  
K6182 中心静脈栄養植込型カテーテル設置(頭頚部その他) - - - - -  
K6147 血管移植術(その他の動脈) - - - - -  
①成人の鼡径ヘルニアは自然に治ることなく、薬で治療することもできません。手術は穴をふさぎ、弱くなった処を補強する手術です。
②口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい方に、直接胃に栄養を入れる為の入り口を作る手術です。
③透析治療を行うための人工的な血管に皮膚の外からバルーンを挿入し、狭いところで拡張する方法です。バルーンカテーテルを用いて、血管を内側から拡張することで血流を確保、再開させる治療方法です。
④長期的・継続的に点滴を行う方、高カロリー栄養剤を使用される方を対象に行います。
⑤透析治療を行うための血管の閉塞部に架橋するようにしてバイパスをつくったりするときに行われる血管の移植術です。
乳腺甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4761 乳腺悪性腫瘍手術(単純乳房切断術) - - - - -  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴わないもの) - - - - -  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
               
               
①腋窩リンパ節郭清を行わず腫瘍周囲の皮膚と全乳房組織を切除する手術です。
②乳癌に対する標準的な手術の一つであり、両胸筋を温存し、乳房切除する手術です。
③抗癌剤を腫瘍の栄養動脈から効果的に投与する局所療法を行う為にカテーテルを設置する手術です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K154-3 定位脳腫瘍生検術 - - - - -  
               
               
               
               
①皮膚に小切開を加え、頭蓋骨に約1cmの穴をあけます。そこから管を挿入し腫瘍の一部を摘出します。病理診断の結果により今後の治療方針を検討します。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 22 1.58
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 21 1.51
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 1.29
異なる - -
高齢者の呼吸器疾患(肺炎等)は、重症化する事が多く、その加療中に発生する多数合併症の早期発見に努めています。上記件数は、重篤な合併症である敗血症や真菌感染症が確認された件数となります。手術・処置等の合併症件数については、自院の患者さんに加え、他院の透析患者さんのシャントトラブルによる紹介等が含まれます。
更新履歴
2017/09/28
平成28年度 病院指標を公開しました。

診療受付のご案内

外来担当医表

電話番号 042-626-1144

ページトップへ